Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

音楽ファイルなどに見せかけてP2Pで拡散するウイルスが増加 - Kasperskyランキング

Kaspersky Labs Japanは、2009年1月に同社ネットワーク「Kaspersky Security Network(KSN)」で検知した不正プログラムなどの状況を取りまとめ、公表した。

1月にユーザーのPC上で検知した悪意あるプログラムやアドウェアは4万6014件で、12月の3万8190件から大きく増加した。ランキングの1位は「Virus.Win32.Sality.aa」、2位は「Packed.Win32.Krap.b」で12月から変わらず、ランキング全体にも大きな変動は見られなかった。

目立った動きとしては、マルチメディアファイルをターゲットにP2Pネットワーク経由で拡散する「Trojan-Downloader.WMA.GetCodec.r」が順位上げて10位に入った。12月に登場したウイルスで感染したファイルを再生すると、「P2p-Worm.Win32.Nugg.w」などをダウンロードするなど多重感染につながるおそれがある。

また、12月に大幅な増加を見せた「Virus.Win32.Alman.b」も、ランキングを1つ下げたものの依然としてトップ10内に入っている。同ウイルスはオンラインゲームのパスワードを盗み出すもので、今後も注意が必要。

トップ20に入っているプログラムを種類別に見ると、自己増殖型のウイルスが50%を占め、トロイの木馬が35%を占めている。同じ割合だった12月からやや動きが見られたが、同社によればこれまでの傾向を踏襲したものになっているという。

感染オブジェクトのランキングでも順位に大きな変動は見られなかったが、20位圏内に2つの新規ウイルスが入った。そのうち18位にランクインした「P2P-Worm.Win32.Deecee.a」はP2PネットワークであるDC++を経由して拡散し、感染したコンピュータ上で自身を何度もコピーして数を増やすのが特徴だという。

検知したコンピュータ総数によるランキング

1位:Virus.Win32.Sality.aa
2位:Packed.Win32.Krap.b
3位:Worm.Win32.AutoRun.dui
4位:Trojan-Downloader.Win32.VB.eql
5位:Trojan.Win32.AutoIt.ci
6位:Trojan-Downloader.WMA.GetCodec.c
7位:Packed.Win32.Black.a
8位:Virus.Win32.Alman.b
9位:TRojan.Win32.Obfuscated.gen
10位:TRojan-Downloader.WMA.GetCodec.r

感染オブジェクトによるランキング

1位:Virus.Win32.Sality.aa
2位:Worm.Win32.Mabezat.b
3位:Net-Worm.Win32.Nimda
4位:Virus.Win32.Xorer.du
5位:Virus.Win32.Alman.b
6位:Virus.Win32.Sality.z
7位:Virus.Win32.Parite.b
8位:Virus.Win32.Virut.q
9位:Trojan-Downloader.HTML.Agent.ml
10位:Virus.Win32.Virut.n

(Security NEXT - 2009/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移