Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

対応ソフト少ない「Rootkit.Win32.Agent.cvx」がまん延 - Kasperskyまとめ

Kaspersky Labs Japanは、9月に同社ネットワーク「Kaspersky Security Network(KSN)」で検知した不正プログラムなどの状況を取りまとめ、公表した。

9月にユーザーのPC上で検知した悪意あるプログラムやアドウェアは3万5103件で、前回調査の2万8940件から増加した。今回、ランキングのトップとなった「Rootkit.Win32.Agent.cvx」や3位の「Packed.Win32.Black.a」、5位の「Trojan-Downloader.HTML.IFrame.sz」など、上位10種類中6種類が新規に登場したプログラムだった。

同社では、トップとなった「Rootkit.Win32.Agent.cvx」について、ウイルス対策ソフトにとって対応が難しいルートキットで、さらに検知できるソフトウェアも少ないと問題点を指摘している。トップを明け渡した「Trojan.Win32.DNSChanger.ech」はランク外へ姿を消した。

また「Windows Media Player」の脆弱性を利用し、別のトロイの木馬をダウンロードさせる「Trojan-Downloader.WMA.Wimad.n」が再登場し、再び2位となった。閲覧だけで不正プログラムをダウンロードする「スクリプトダウンローダ」の動きも目立っている。

感染オブジェクトの統計では、新規にランクインしたプログラムは10位圏内で2種類、20位圏内でも4種類と動きは小さかった。同社によれば、ウイルスやワームについては安定した状態が続いており、悪化していないという。

トップは「Virus.Win32.Xorer.du」。「Sality」の亜種も活発で、上位20種類中4種類を占めた。2007年11月に登場したワーム「Mabezat.b」が徐々に広がり、今回3位に入っている。

同社がまとめた検知したコンピュータの総数、および感染オブジェクトによるランキングの上位10種類は以下のとおり。

検知したコンピュータ総数によるランキング

1位:Rootkit.Win32.Agent.cvx
2位:Trojan-Downloader.WMA.Wimad.n
3位:Packed.Win32.Black.a
4位:Trojan.Win32.Agent.abt
5位:Trojan-Downloader.HTML.IFrame.sz
6位:Trojan-Downloader.Win32.VB.eql
7位:Trojan-Downloader.JS.IstBar.cx
8位:Trojan.Win32.Agent.tfc
9位:not-a-virus:AdWare.Win32.BHO.ca
10位:Trojan-Downloader.Win32.Small.aacq

感染オブジェクトによるランキング

1位:Virus.Win32.Xorer.du
2位:Net-Worm.Win32.Nimda
3位:Worm.Win32.Mabezat.b
4位:Virus.Win32.Alman.b
5位:Virus.Win32.Sality.aa
6位:Virus.Win32.Parite.b
7位:Virus.Win32.Virut.n
8位:Virus.Win32.Small.l
9位:Virus.Win32.Virut.q
10位:Virus.Win32.Parite.a

(Security NEXT - 2008/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移