Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中間者攻撃への対策を強化した認証サーバ - エントラスト

エントラストジャパンは、中間者攻撃への対策機能を強化した認証サーバの最新版「Entrust IdentityGuard 9.1」の販売を開始した。

同製品は、複数の認証方式を組み合わせて利用できる認証サーバ。最新版では、ユーザーからサーバまでの通信経路において、パスワードや取引内容の盗聴や改ざんなどの不正行為を行うマンインザミドル攻撃への保護機能を強化した。

ユーザーとのトランザクションを追跡し、改ざんできないよう内容をデジタル署名を行った上で保存することが可能。また携帯端末へワンタイムパスワードを発行、一致した場合のみデジタル署名を発行し、取引が実行できるようにしたことで不正なアクセスを防止する。

さらにユーザー管理やレポート機能が強化されたほか、SNMPトラップをサポートを追加。ディザスタリカバリを強化し、マスターと複製サーバー間の接続がダウンしても、それぞれで情報を管理できるようになった。

(Security NEXT - 2008/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
ITとFAのシームレスな連携目指す「Edgecrossコンソーシアム」が設立