Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中間者攻撃への対策を強化した認証サーバ - エントラスト

エントラストジャパンは、中間者攻撃への対策機能を強化した認証サーバの最新版「Entrust IdentityGuard 9.1」の販売を開始した。

同製品は、複数の認証方式を組み合わせて利用できる認証サーバ。最新版では、ユーザーからサーバまでの通信経路において、パスワードや取引内容の盗聴や改ざんなどの不正行為を行うマンインザミドル攻撃への保護機能を強化した。

ユーザーとのトランザクションを追跡し、改ざんできないよう内容をデジタル署名を行った上で保存することが可能。また携帯端末へワンタイムパスワードを発行、一致した場合のみデジタル署名を発行し、取引が実行できるようにしたことで不正なアクセスを防止する。

さらにユーザー管理やレポート機能が強化されたほか、SNMPトラップをサポートを追加。ディザスタリカバリを強化し、マスターと複製サーバー間の接続がダウンしても、それぞれで情報を管理できるようになった。

(Security NEXT - 2008/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー
NEC、新生児の指紋認証に成功 - 新興国の身分証明に活用