Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

起動時に古いフロッピーからうっかり感染するウイルスに注意 - キヤノンITS

キヤノンITソリューションズは、ESETが6月に観測したマルウェアの検知状況を発表した。上位は変動がなかったが、5位以降では、複数のマルウェアが圏外からランクインするなど動きが見られた。

ランキングのトップは先月同様、キーロガーとrootkitの機能を備えたトロイの木馬「Win32/PSW.OnLineGames」。オンラインゲームのユーザーIDを盗みだし、外部へ送信するもので、全体の約13.12%を占め、4.9%検出された2位のアドウェア「Win32/Adware.Virtumonde」に大きく差を付けた。

3位は、USBメモリなどを狙いオートランファイルを利用する「INF/Autorun」で、4位にセキュリティ対策ソフトからの検知をまねがれようとして難読化を行うファイルの総称「Pacex.gen」が続いた。

5位は、先月の17位から大きくランクアップした「WMA/TrojanDownloader.Wimad.N」。悪意あるWindows Mediaファイルで、URLへリダイレクトするもので、ファイル共有ソフト上で流通しているという。

さらに「Flash Player」の脆弱性を悪用する「SWF/Exploit.CVE-2007-0071」や、悪意あるコンポーネットをダウンロードする「Win32/TrojanDownloader.Murlo.NN」がランク外からそれぞれ7位、8位と大きく順位を上げた。

また同社では、ランキングの発表とともに、ブートセクタへ感染するウイルスについて注意を促した。うっかり古いフロッピーをAドライブへ入れっぱなしにしてPCを起動してしまった場合などに感染するケースが報告されているという。

古いウイルスだが、起動時に感染する特徴から、セキュリティ対策ソフトで感染を防ぐことが難しいと指摘。デフォルトの起動ディスクをCドライブへ設定しておくなど対策を呼びかけた。

(Security NEXT - 2008/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に