Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公的機関のメールと思いきや実はウイルス - 「なりすましメール」に注意

情報処理推進機構(IPA)は、公的機関などへの「なりすましメール」に注意を呼びかけている。

特定の組織や人物へウイルスに感染するPDFファイルを送り付ける「スピア攻撃」が発生しているもの。メールに添付されているPDFファイルには、Adobe Readerの脆弱性を攻撃するスクリプトが埋め込まれているが、こうした添付ファイルを安全と誤解させて開かせるために、IPAをはじめ公的機関を装うケースが目立っているという。

送信元の偽装は容易であるため、ドメインが「.go.jp」など、公的機関である場合も注意し、同機構では、疑わしいメールが届いた場合は、添付ファイルを開かず、送付元となっている機関へ本物のメールであるか問い合わせるよう呼びかけている。

また、感染したウイルスが外部との接続にHTTPやHTTPSなど利用するケースがあるため、システム管理者に対して不要なアウトバウンドのTCPポートを閉じたり、両プロトコルについてプロクシサーバ経由でのみ外部との接続を許可するなど、対策を実施するよう警告を発している。

またスピア攻撃では、一般ユーザーを攻撃対象とするケースは少ないが、OSやアプリケーション、ウイルス対策ソフトを最新の状態に保つなど、事前に対策を実施したり、銀行やカード会社、会員サイトなど有名サイトを偽装するフィッシング詐欺メールへ注意するよう注意喚起を行った。

(Security NEXT - 2008/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
「Install Norton Security for Mac」に脆弱性 - 中間者攻撃のおそれ
シャープのロボット掃除機「COCOROBO」に脆弱性 - 不正操作のおそれ
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
NEC、歩きながら顔認証を可能にする入退管理ソリューション
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も