Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報がP2Pソフト経由で流出 - 東大病院

東京大学医学部附属病院の患者情報がファイル交換ソフト経由で外部へ流出していたことがわかった。同院医師のパソコン内に保存していたファイルがファイル交換ソフトを通じて外部に流出したものと見られている。

流出したのは、同院ほか首都圏内の複数病院における患者の病歴ファイルで、氏名や生年月日、病状など約150件の個人情報を含まれる。3件については一部では住所や電話番号もお含まれていた。外部より指摘を受けて判明したもの。

同院では、個人情報の持ち出しや自宅におけるファイル交換ソフトの利用も禁止しており、同院医師も知っていたが、守られておらず、バックアップ目的に保存されていた。また同院は、ファイルに記載された個人情報の大半は10年以上の前のものとしているが、時間をかけてでもできるだけ本人に連絡をとり、説明、謝罪していくという。

(Security NEXT - 2007/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず