Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カード詐欺の被害額は27億5000万ドル - 米Gartner調査

米Gartnerは、カードの不正利用に関する調査結果を公表した。1年間のカード不正使用による被害損失額は27億5000万ドルに上ると発表した。

5000人を対象に調査を実施し、被害額を想定したもの。調査によれば、米国において約300万人が被害に遭っており、平均損失額は900ドル以上だという。フィッシングやスパイウェアにより、口座番号やパスワードといった個人情報を入手、悪用しているという。

(Security NEXT - 2005/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装