Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用

「テキストファイルは安全」との先入観につけ込み、「CSVファイル」を用いる標的型攻撃が2018年第1四半期に確認され、本誌でも取り上げたが、4月以降も同様の手法を用いた攻撃が発生している。攻撃者は「CSVファイル」のみならず、攻撃対象の環境にあわせて複数の手法を用いていた。

4月に入り、「CSV(comma-separated values)」形式のファイルを悪用していたのは、トレンドマイクロが2017年7月より「ChessMaster」として追跡している攻撃グループ。「APT10」「menuPass」「StonePanda」「Red Apollo」「CVNX」「POTASSIUM」といった別名で呼ばれる攻撃グループと同一グループと見られている。

「ChessMaster」は、これまでも遠隔操作が可能となる「リモートアクセスツール(RAT)」といったマルウェアの感染を狙い、細工した文書ファイルをメールで日本国内の組織へ送りつける標的型攻撃を展開している。

おもなターゲットは、政府機関、学術研究者、報道機関、テクノロジー系企業、マネージドサービスプロバイダなどで、機密情報の窃取を目的に活動していると見られている。

(Security NEXT - 2018/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新手の攻撃?と思いきや、被害組織のPPAPシステムが「Emotet」メールも暗号化
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
米政府、北朝鮮関連グループの攻撃に注意喚起 - 標的は暗号通貨やNFT関連
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
セキュリティ対策に意欲ある都内中小企業に支援策 - 東京都
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
「情報セキュリティ10大脅威 2022」の組織編含む解説書が公開
情シス担当者、「ゼロトラストを理解している」21%
SMB向けのSonicWall製VPN製品、脆弱性未修正機器が多数稼働か