Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃

データの交換に用いることが多い「CSVファイル」。「テキスト形式のCSVファイルに、マルウェア感染のリスクはない」と考えていたら要注意だ。こうした先入観の裏をかく標的型攻撃が確認されている。

「.csv」などの拡張子でやりとりされる「CSV(comma-separated values)形式」のファイルは、その名のとおりテキストデータをカンマで区切ったものだ。表計算ソフトやデータベースなどのデータをテキスト形式で交換するために多く利用されている。

たしかに、テキストファイルをメモ帳やテキストエディタなどで開いた場合、アプリ側に脆弱性が存在しない限りは、ファイル内部に悪意あるコードが記載されていても、それらが実行され、マルウェアへ感染するおそれはない。

しかし、あくまで「テキストエディタなどで開いた場合」という条件のもとでの話に過ぎない。攻撃者が目を付けたのは、CSVファイルを開くアプリの「関連付け」。「Excel」を導入している環境では、Windowsが「CSVファイル」を開くアプリケーションとして「Excel」が関連付けられることに目を付けた。

サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)によれば、「CSVファイル=安全」との思い込みを逆手に取った標的型攻撃が、2018年第1四半期に報告されたという。また4月に入ってからもセキュリティベンダーが同様の手口を利用した標的型攻撃を確認している。

(Security NEXT - 2018/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
「Firefox」に深刻な脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 今年2度目の更新
「Emotet」の脅威(1) - 組織やビジネスへの影響を考える
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
標的型攻撃相談、2019年度上半期は221件 - 80件でレスキュー支援
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
凸版印刷、セキュリティ人材の育成で新会社
2019年3Qの標的型攻撃メールは113件 - 9割はプラント関連
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響