Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃

データの交換に用いることが多い「CSVファイル」。「テキスト形式のCSVファイルに、マルウェア感染のリスクはない」と考えていたら要注意だ。こうした先入観の裏をかく標的型攻撃が確認されている。

「.csv」などの拡張子でやりとりされる「CSV(comma-separated values)形式」のファイルは、その名のとおりテキストデータをカンマで区切ったものだ。表計算ソフトやデータベースなどのデータをテキスト形式で交換するために多く利用されている。

たしかに、テキストファイルをメモ帳やテキストエディタなどで開いた場合、アプリ側に脆弱性が存在しない限りは、ファイル内部に悪意あるコードが記載されていても、それらが実行され、マルウェアへ感染するおそれはない。

しかし、あくまで「テキストエディタなどで開いた場合」という条件のもとでの話に過ぎない。攻撃者が目を付けたのは、CSVファイルを開くアプリの「関連付け」。「Excel」を導入している環境では、Windowsが「CSVファイル」を開くアプリケーションとして「Excel」が関連付けられることに目を付けた。

サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)によれば、「CSVファイル=安全」との思い込みを逆手に取った標的型攻撃が、2018年第1四半期に報告されたという。また4月に入ってからもセキュリティベンダーが同様の手口を利用した標的型攻撃を確認している。

(Security NEXT - 2018/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
2018年度下半期の標的型攻撃相談は258件 - メール以外で侵入されたケースも
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
「データ破壊」狙うイランのサイバー攻撃が増加 - 米政府声明
カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始
ゼロデイ攻撃発生中の脆弱性へ対処した「Firefox 67.0.3」がリリース
既知の「Office」脆弱性を狙うメールが流通 - あらためて更新済みか確認を
日本も狙う「APT10」にあらたな動き - 一見問題ない実行ファイルから攻撃展開