Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学内から外部に不正通信、マルウェア感染端末を特定できず - 成蹊中高

成蹊中学・高校の教員が利用するパソコンが、マルウェアに感染したことがわかった。異常な通信が確認されたものの、感染端末の特定には至っていないという。

同校によれば、2月23日21時ごろから約8時間にわたり、外部の特定サイトに対して大量のアクセスが発生したもの。同月26日に職員がネットワークやメール配信の異常に気が付き、問題が発覚した。

発覚後、ネットワーク内にあるすべてのパソコンを抜線してネットワークから隔離し、マルウェアの感染状況などを調べたという。

今回の不正通信について同校では、メールやウェブサイトの閲覧などを通じて、外部と通信を行うボットプログラムに感染したものと見ているが、3月14日の時点で感染端末は特定できておらず、くわしい感染経路もわかっていない。個人情報の流出については確認されていないが、可能性も否定できないとしている。

(Security NEXT - 2018/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

端末49台がマルウェア感染、ランサムと異なる手法 - 富士通
住民税決定通知書のデータ約15万件が外部流出 - 和歌山市
徳島県、委託先から個人情報約14.5万件が流出 - 削除報告受けるもデータ残存
さらなる情報を流出させたと攻撃者が主張 - KADOKAWAが調査
委託先ランサム被害で顧客情報流出、当初報告から状況変化 - クボタクレジット
都再委託先でランサム被害 - データにはパスワード設定
委託先でランサム感染、被害ネットワーク内に個人情報 - 徳島県
ランサム被害が発生、個人情報流出の可能性も - 情報処理会社
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
委託先がサポート詐欺被害、個人情報流出のおそれも - 焼津市