Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学内から外部に不正通信、マルウェア感染端末を特定できず - 成蹊中高

感染端末を特定できていないことに対し、同校では「学内システムをモニタリングすることで、マルウェアによる異常が生じていないことを確認している」と説明。

今回の事態を受け、同校では監視にくわえ、異常通信を自動検知するシステムの導入などを検討するなど、組織的対策や技術的対策を進め、再発防止に取り組みたいとしている。

(Security NEXT - 2018/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
スクーリング時の回覧座席表に受講者名簿を誤って添付 - 日大
若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局
大阪市の公開資料にコロナ患者管理システムのパスワード - 2段階認証の盲点も
Emotet感染でメール関連情報流出の可能性 - 緑の安全推進協会
新型コロナ患者情報を県内全小学校へ誤送信 - 静岡県
Emotet感染でメール約85万件が流出した可能性 - JP-AC
新型コロナ陽性者情報含む文書を誤送付 - 岡山市
無許可で児童名簿をメール送信、宛先誤り第三者へ - 練馬区小学校
コロナ患者情報を誤送信、表計算ファイル内に残存 - 静岡県