Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年1Qの脆弱性届出は185件 - ソフト関連が減少

2016年第1四半期に届出があった脆弱性関連情報は185件だった。また「連絡不能開発者」として12件の製品開発者名を公開した。

脆弱性の届出推移(グラフ:IPA)
脆弱性の届出推移(グラフ:IPA)

情報処理推進機構(IPA)が、2016年第1四半期に届出のあった脆弱性関連情報について取りまとめたもの。

同四半期は185件の脆弱性情報が寄せられ、前期の222件から37件減となった。内訳はソフトウェア製品が100件、ウェブサイト関連が85件。前期はそれぞれ137件、85件だった。ソフトウェア製品は2014年第3四半期以降は増加傾向が続いていたが、今回減少に転じている。

届出の受付を開始した2004年からの累計件数は、ソフトウェアが2476件、ウェブサイトが9201件で合計1万1677件。従来と変わらずウェブサイトが約8割を占めている。1就業日あたりの届出件数は4.17件で、前期の4.11件から上昇した。

(Security NEXT - 2016/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
資金移動業者との連携について会員行に注意喚起 - 全銀協