Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトの割合が上昇 - お中元に便乗した詐欺サイトも

BBソフトサービスによれば、6月は不正サイトのなかでもフィッシングサイトの割合が上昇した。中元シーズンを狙った詐欺サイトも確認されているという。

同社が、6月にセキュリティ対策製品で検知した不正サイトの状況を取りまとめたもの。レポートによれば、6月に検知した不正サイトの件数は82万7076件で、5月の84万182件から1.6%減少した。

不正サイトを種類別に見ると、「ワンクリック、不正請求詐欺サイト」が全体の90.2%を占める。前月から3.1ポイント減となったものの、大半を占める傾向は変わらない。

一方5.7ポイントと目立った上昇を見せたのが「フィッシング詐欺サイト」で、全体の8.3%を占めた。そのほか、「脆弱性悪用サイト(0.8%)」「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト(0.5%)」「マルウェア感染サイト(0.2%)」などいずれも、前月からわずかに後退している。

中元シーズンに便乗した詐欺サイトが確認されている。贈答シーズンを狙い、偽ブランド品を買わせようとする手口だった。取り扱う品物が高級ブランド品であるなど不自然な内容で、日本の商習慣に疎い外国人が作成したと見られている。

(Security NEXT - 2014/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
不正送金マルウェアの検知数が大きく減少
勢い続くフィッシング攻撃 - ユニークURL、1日平均約270件