Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MS Edge」もアップデート - 今月4度目のゼロデイ修正

マイクロソフトは現地時間5月24日、ブラウザ「Microsoft Edge」の最新版をリリースし、ゼロデイ脆弱性を修正した。

「Chromium」に脆弱性「CVE-2024-5274」が判明し、修正されたことを受け、「Chromium 125.0.6422.112」をベースとする「Microsoft Edge 125.0.2535.67」をリリースしたもの。

「CVE-2024-5274」は、スクリプトエンジン「V8」に判明した型の取り違えの脆弱性。4段階の重要度において、上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングされている。「Chrome」で修正が行われた現地時間5月23日の時点ですでに悪用が確認されていた。

5月に入り、ゼロデイ脆弱性が修正されたのは今回で4件目。「CVE-2024-4671」「CVE-2024-4761」「CVE-2024-4947」なども悪用が確認されている。

(Security NEXT - 2024/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自含む脆弱性6件を修正
「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
東芝テックや沖電気の複合機、脆弱性43件が明らかに
SonicWall製機器の「VPN」などにDoS脆弱性 - アップデートで修正
セキュリティアドバイザリのレーティングを引き上げ - Zoom
健診受診者の個人情報をメールに誤添付 - 日光市
教員がサポート詐欺被害、個人情報に攻撃者がアクセス - 熊取町
フランスのグループ会社でランサム被害、詳細を調査 - ダイセル
スマホサポーターの個人情報が流出、閲覧権限設定ミスで - 東京都
大規模ECに対応した運用環境を「EC-CUBE」開発元が提供