Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゼロデイ脆弱性を修正した「Microsoft Edge」のアップデートが公開

マイクロソフトは現地時間5月10日、同社ブラウザ「Microsoft Edge」のセキュリティアップデートをリリースした。「Chromium」に判明したゼロデイ脆弱性に対処している。

「Microsoft Edge 124.0.2478.97」をリリースしたもの。「Chromium 124.0.6367.156」「同124.0.6367.155」をベースとしており、「CVE-2024-4558」「CVE-2024-4559」を解消した。

くわえてその後急遽リリースされた「Chromium 124.0.6367.202」「同124.0.6367.201」で対処された「Use After Free」の脆弱性「CVE-2024-4671」の修正も今回のアップデートに反映している。

重要度は3件ともに「高(High)」。「CVE-2024-4671」については、現地時間5月9日の段階ですでに悪用が確認されていることがGoogleより報告されていた。

また「Microsoft Edge」独自の対応として、なりすましが可能となる脆弱性「CVE-2024-30055」を解消。細工されたURLをクリックすると、URLに対して一部情報が送信されるおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のスコアは「5.4」、重要度はもっとも低い「注意(Low)」とした。

(Security NEXT - 2024/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FortiOS」に5件の脆弱性 - アップデートで修正
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も
MS、月例セキュリティ更新を公開 - 「クリティカル」は1件のみ
サーバにランサム攻撃、業務に影響はなし - オイレス工業
ランサム被害による個人情報流出を確認 - 岡山県精神科医療センター
申込用に公開した表計算ファイルに個人情報 - 都立豊島病院
クラウドストレージでデータ流出や消失被害 - ビルコム
転職支援サイトに不正アクセス - 海外サイトに会員情報
小学校児童の個人情報が記載されたサポート票を紛失 - 大阪市
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止