Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開

Palo Alto Networks製ファイアウォールが搭載する「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性「CVE-2024-3400」が見つかった問題で、少なくとも3月下旬より悪用されていることがわかった。現段階で確認されている複数組織を標的とした攻撃は、いずれも単一の攻撃者によるものと見られている。

Volexityによると、同社が提供するネットワーク監視サービスの顧客環境において現地時間4月10日にゼロデイ攻撃を検知したという。翌11日には別の顧客で同様の悪用を確認。同社は一連の動きを「UTA0218」と名付けている。

ファイアウォールからの不審なネットワークトラフィックのアラートを受け取り、調査を行ったところ、「PAN-OS」を搭載するデバイスが侵害されていたことが判明。さらに調査を行ったところ、現地時間3月26日より複数の顧客や組織で脆弱性を悪用されていたことが明らかとなった。

脆弱性を悪用することでデバイス上にリバースシェルを作成し、ツールをダウンロード。またデバイスから構成データを窃取し、横展開するため機器を悪用しようとしたものと見られる。

Volexityより報告を受け、協調して対応を進めるPalo Alto Networksは、現状把握している攻撃に関しては、いずれも単一の攻撃者によるものと分析。攻撃キャンペーンを「Operation MidnightEclipse」と名付け、追跡していることを明らかにした。

(Security NEXT - 2024/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

積水ハウスの会員サイトで個人情報流出 - 過去使用ページから
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会
学校施設開放の鍵貸出簿が強風で飛散、一部未回収 - 葉山町
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院
新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正