Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中

Palo Alto Networksが提供するファイアウォールに搭載されている「PAN-OS」のリモートアクセス機能に深刻な脆弱性が明らかとなった。悪用されると影響が大きく、すでにゼロデイ攻撃も確認されている。

現地時間4月12日にセキュリティアドバイザリを公開し、「PAN-OS」が備えるリモートアクセスVPN機能「GlobalProtect Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2024-3400」が見つかったことを明らかにしたもの。「GlobalProtect Gateway」とデバイステレメトリ機能のいずれも有効化している場合に影響を受ける。

脆弱性を悪用すると、認証を必要とすることなくファイアウォール上でroot権限により任意のコードを実行することが可能。共通脆弱性評価システム「CVSSv4.0」のベーススコアを、最高値となる「10.0」、重要度をもっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。限定的としているが、同社ではすでに複数の攻撃を把握しているという。

「PAN-OS 11.1」「同11.0」「同10.2」に脆弱性が存在し、同社はこれらバージョンに向けて脆弱性を解消した「同11.1.2-h3」「同11.0.4-h1」「同10.2.9-h1」の準備を進めている。現地時間4月14日までにリリースする予定。

また脅威対策のサブスクリプションサービスを契約している場合は、緩和策が用意されており、有効化することで攻撃を防ぐことができる。またデバイステレメトリを無効にすることでも影響を軽減できる。

端末の侵害状況については、カスタマーサポートポータル(CSP)よりテクニカルサポートファイル(TSF)をアップロードし、「IoC(Indicators of Compromise)」情報と照合することで侵害状況を確認できるとしている。

(Security NEXT - 2024/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア被害でシステム障害が発生 - 岡山県精神科医療センター
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
Cisco、アドバイザリ6件を公開 - 「Firepower 」などの脆弱性を修正
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
QNAP、アドバイザリ4件を公開 - 「QTS」の深刻な脆弱性など解消
GitLab、アップデートを公開 - 脆弱性7件を修正
「GitHub Enterprise Server」に認証回避の深刻な脆弱性
メール8件を「CC」送信、メアドが流出 - 焼津市