Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ389件の脆弱性を修正

Oracleは、四半期ごとの定例パッチ「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を現地時間1月16日に公開した。のべ389件の脆弱性に対応しており、CVSS基本値が「9.0」以上とされる脆弱性も37件含まれる。

今回のアップデートは、同社製品や実装されているサードパーティ製コンポーネントに明らかとなった脆弱性などを修正したもの。当初予定よりも多いのべ389件のセキュリティパッチをリリースした。製品間の重複を除くと、CVEベースで191件の脆弱性に対応している。

具体的には、「Oracle Database Server」や「Oracle NoSQL Database」「Oracle Audit Vault and Database Firewall」「Oracle Fusion Middleware」をはじめ、「MySQL」「Java SE」「Oracle Enterprise Manager」「Oracle Communications」「Oracle Financial Services Application」のほか、多岐にわたり修正を実施している。

のべ389件の脆弱性について影響を見ると、257件はネットワーク経由で認証なしに攻撃が可能。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると「7.0」以上とされる脆弱性が229件にのぼる。

このうち37件についてはCVSS基本値が「9.0」以上と評価されている。特に34件は「9.8」と高く、「Oracle Financial Services Applications」では9件、「Oracle Communications Applications」では6件含まれる。

(Security NEXT - 2024/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応