Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ivanti製VPN製品の脆弱性、国内組織もゼロデイ攻撃の標的に

Ivantiのリモートアクセス製品「Ivanti Connect Secure(旧Pulse Connect Secure)」「Ivanti Policy Secure Gateway」にゼロデイ脆弱性が明らかとなった問題で、国内組織に対しても攻撃が展開された可能性があるとしてセキュリティ機関が注意喚起を行った。

同製品に2件の脆弱性「CVE-2023-46805」「CVE-2024-21887」が存在し、組み合わせることでリモートよりコードの実行が可能となり、同脆弱性に対する攻撃が発生しているもの。

Volexityが顧客環境において脆弱性を悪用したゼロデイ攻撃を2023年12月に検知。同社より報告を受けたIvantiでは、現地時間2024年1月10日にセキュリティアドバイザリを公開し、脆弱性を修正するパッチの準備を進めていることを明らかにするとともに緩和策を講じるよう利用者へ呼びかけた。

これを受け、JPCERTコーディネーションセンターも日本時間1月11日に注意喚起を行っているが、1月15日に情報を更新。国内の組織に対しても、これら脆弱性を悪用した攻撃が行われた可能性があることを明らかにした。

攻撃を受けた日付を1月11日としており、「IoC(Indicators of Compromise)」情報として攻撃の通信元であるIPアドレスを公開。あらためて注意を促すとともに、調査を行う際の参考にするよう求めている。

(Security NEXT - 2024/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県
事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック