Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、「Adobe Commerce」など3製品にアップデート

Adobeは、「Adobe Commerce」など3製品に対してセキュリティアップデートをリリースした。「クリティカル」とされる脆弱性も複数修正している。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせ、3製品に向けてアップデートをリリースしたもの。脆弱性の悪用などはいずれも確認されていない。

「Adobe Commerce」では、同社において重要度の評価が3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性7件や、次に高い「重要(Important)」とされる3件に対処した。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると、今回修正された脆弱性のなかでは、権限昇格の脆弱性「CVE-2023-38218」「CVE-2023-38219」が比較的高く、それぞれ「8.8」「8.4」と評価されている。「CVE-2023-38221」「CVE-2023-38249」「CVE-2023-38250」がいずれも「8.0」で続いた。

また「Adobe Photoshop」においても、重要度が「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性「CVE-2023-26370」を修正。さらに「Adobe Bridge」では、重要度が「重要(Important)」とされる脆弱性2件を修正した。

同社では、これら製品に向けてアップデートを用意。適用優先度は、いずれも3段階中もっとも低い「3」とレーティングしており、任意のタイミングで更新するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性