Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CMS経由でウェブサーバ侵害、150サイトを運用 - 山形大

山形大学は、研究室ウェブサイトを配信するウェブサーバが第三者によって侵害されたことを明らかにした。不正なプログラムを設置されたほか、個人情報が流出した可能性がある。

同大によれば、7月1日に外部事業者より外部に公開している研究室のウェブサイトが改ざんされているとの連絡があり、問題が発覚した。

調べたところ、第三者によってコンテンツマネジメントシステム(CMS)を不正に使用され、コンテンツの改ざん、不正なプログラムの設置などが行われたという。

同サーバでは、150サイトをホストしており、同日同大では改ざんが確認されたサイトを閉鎖するも、再度不正アクセスが確認されたことから同月10日に対象サーバにおいて全サイトを閉鎖した。

設置されたプログラムは、サーバ内にある各サイトの保存領域に対してアクセスでき、このうち2サイトについては、380人分の氏名やメールアドレスなどの個人情報が保管されていたことから、外部に流出した可能性があるという。

同大では、個人情報を取り扱うサイトについて、セキュリティを強化した別サーバに移行して運営を再開。個人情報が流出した可能性がある対象者に対し、経緯を説明して謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2023/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性