Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年上半期の新種マルウェア101万7208件 - 目立つ情報窃取目的

G Data Softwareは、2010年上半期のマルウェア動向について取りまとめた。情報を盗むマルウェアが増拡大する一方で、アドウェアは大きく減少した。

同社が上半期に検知した新種のマルウェアは101万7208件で、前年同期と比較して50ポイント増となった。増加率の伸び自体は鈍化傾向にあり、同社では2010年について前年比1.2から1.3倍程度になると予測。同社では2010年に200万件、2011年には250万件程度が出現すると見込んでいる。

半数弱を占めるのが43万3367件見つかっているトロイの木馬で前回の39万3421件から約1割の増加。ダウンローダーが20万6298件で続いた。

経済犯によるデータの窃取を目的とした攻撃が目立っており、「キーロガー」やオンラインバンクのデータを狙う「トロイの木馬」といったスパイウェアの増加率が高く、2009年下半期から51ポイント増となる13万175件が見つかった。

(Security NEXT - 2010/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
IoTマルウェアの検体情報など研究者にデータを無償提供 - 横国大