Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco ASA」「Cisco FTD」にアクセス制御が反映されない不具合

「Cisco Adaptive Security Appliance(ASA)ソフトウェア」および「Cisco Firepower Threat Defenseソフトウェア」において、機器のリロード時に「アクセスコントロールリスト(ACL)」が反映されないおそれがある不具合が明らかとなった。

両製品では、「スタートアップコンフィギュレーション」においてオブジェクトグループが連続した順序に設定されていないと起動時の読み込みに失敗し、「ACL」においてIPアドレスに基づきアクセスの拒否や許可などを指定した「アクセスコントロールエントリ(ACE)」の一部が反映されない不具合が判明したもの。

不具合が生じると、許可されるべきトラフィックがブロックされたり、ブロックされるべきトラフィックが許可されるおそれがある。同社では現地時間7月27日に同不具合に関するセキュリティアドバイザリを公開したが、CVE番号などは割り当てられておらず、情報提供との位置づけとなっている。

同社では、同不具合を修正するソフトウェアのアップデートをリリースした。「Cisco ASA 9.19.1.18」「同9.18.3.53」「Cisco FTD 7.2.4.1」「同7.2.5」にて修正したほか、ホットフィクスなども用意。今後「Cisco FTD 7.3.1.1」なども提供する予定だという。

なお、「Cisco ASA 9.18」「Cisco FTD 7.2」より以前のバージョンに関しては影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2023/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

集英社の漫画サイトで別人によるログインが発生 - コイン代金を返金
「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Go言語ベースのウェブフレームワーク「Fiber」に深刻な脆弱性
小学校で児童の写真含むデジカメとメディアが所在不明に - さいたま市
フォーム権限の設定ミス、イベント参加者情報が閲覧可能に - 自動車技術会
サイバー攻撃で情報流出の可能性、サーバは復旧済み - フジ日本精糖子会社
先週注目された記事(2024年6月30日〜2024年7月6日)
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 6月のアップデートで修正