Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生のクラウドアカウントに不正アクセス - 沖縄県立看護大

沖縄県立看護大学は、クラウドサービスにおいて学生のアカウント情報を詐取され、迷惑メール送信に悪用されたことを明らかにした。

同大によれば、学生1人が利用する「Microsoft 365」のメールアドレスやパスワードを詐取され、不正アクセスを受けたもの。

2022年12月6日から2023年3月8日にかけて、同学生のメールアドレスから1万2941件の迷惑メールが不特定多数の宛先に送信されたという。大半は外国語で海外サイトへ誘導するリンクが記載されていた。

また不正アクセスを受けたアカウントのメールボックス内に保存されていたメールが流出した可能性がある。学内関係者宛てに送信された330件、学外関係者宛に送信された139件で、メールアドレス、メール本文、添付ファイルが含まれる。

今回の問題を受け、同大では教職員や学生に対して研修を行うとともに、セキュリティ対策の強化を図り、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2023/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施