Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供

TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートは未提供だという。

「TL-WR710N V1」「Archer C5 V2」において、「ベーシック認証」にリモートよりコードの実行が可能となるヒープベースのバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2022-4498」が判明。さらにユーザー名やパスワードの推測が可能となる「CVE-2022-4499」が明らかとなった。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアについて「CVE-2022-4498」を「9.8」、「CVE-2022-4499」を「7.5」と評価した。重要度はそれぞれ「クリティカル(Critical)」「高(High)」とレーティングされている。

これら脆弱性は、2015年後半から2016年2月にかけてリリースされたファームウェアに存在しており、脆弱性を解消するアップデートは提供されていないという。

(Security NEXT - 2023/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省
「配達できない」などとうそ - ヤマト運輸のフィッシングに注意
偽通販サイトの相談倍増 - 「大幅な値引き」に警戒を
2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市