Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iOS」の脆弱性に対する攻撃が発生 - macOSも含めてアップデートを

Appleは、11月後半から12月中旬にかけてリリースしたアップデートで修正した脆弱性が悪用されていることを明らかにした。

問題の「CVE-2022-42856」は、「WebKit」において、型の取り違えが生じる脆弱性。細工されたウェブコンテンツを処理すると、任意のコードを実行されるおそれがある。

同社が同脆弱性へ最初に対処したのは、現地時間11月30日にリリースした「iOS 16.1.2」。さらに12月13日に公開した「iOS 15.7.2」「iPadOS 15.7.2」にて同脆弱性を解消している。

くわえて同日公開した「macOS Ventura 13.1」をはじめ、「macOS Big Sur」「macOS Monterey」向けにリリースした「Safari 16.2」、「tvOS 16.2」などにも同脆弱性の修正が盛り込まれている。

同社は、12月13日にアップデートが出揃ったことを受け、同脆弱性において「iOS 15.1」より以前のバージョンに対し、積極的に悪用されているとの報告を受けていることを明らかにした。

なお、Appleでは12月13日に「iOS 16系」の最新版となる「iOS 16.2」「iPadOS 16.2」をリリースしている。

(Security NEXT - 2022/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃で情報流出の可能性、サーバは復旧済み - フジ日本精糖子会社
先週注目された記事(2024年6月30日〜2024年7月6日)
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 6月のアップデートで修正
「Node.js」のセキュリティアップデート、再び延期に
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「MongoDB」向けGUIにコードインジェクションの脆弱性
「HTTP File Server」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正
講演会応募者に対する通知メールで送信ミス - 所沢商工会議所
全学生の個人情報を海外協定校へ誤送信 - 上智大