Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ETC利用者狙うフィッシング - QRコードで誘導

「ETC利用照会サービス」を装うフィッシング攻撃が確認されている。偽サイトへ誘導するため、QRコードを悪用していた。

今回確認された攻撃では、「ETCに支払情報が変更」といった件名でフィッシングメールを送信。本人確認が必要などとし、一時使用を制限しているなどと不安を煽り、記載したQRコードより偽サイトへ誘導していた。

本文には「ご本人認証下記携帯電話でQRコードをスキャンする確認ください」など不自然な言い回しも見られた。

誘導先のフィッシングサイトでは、IDやパスワードのほか、名前、メールアドレス、携帯電話番号、クレジットカード情報などを入力させようとする。

フィッシング対策協議会では、誤ってアクセスしないよう注意を喚起。類似したフィッシング攻撃に警戒するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC