Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪急性期・総合医療センターにサイバー攻撃 - 電子カルテが被害

大阪急性期・総合医療センターが、ランサムウェアと見られるサイバー攻撃を受けたことがわかった。電子カルテシステムが停止しており、診療体制に影響が出ている。

同センターによれば、10月31日7時過ぎに電子カルテシステムで障害が発生していることが判明。システム事業者が調査を行ったところ、サーバがランサムウェアと見られるサイバー攻撃を受けたことが判明した。

サーバ上には、暗号化されたファイルを復元したければメールで連絡を取り、暗号通貨を支払うよう求めるメッセージが英語で残されていたという。

影響の拡大を防止するため、同センターでは電子カルテシステム全体を停止。被害の範囲や原因、侵入経路、調査を進めている。ハードディスクやテープメディアへのバックアップを実施していたが、安全性などの確認を進めている段階にあり、具体的な復旧の見通しは立っていない。

同センターは、以前の診療状況を記録した電子カルテを参照できないことから、緊急以外の手術や外来診療を停止した。約500人の入院患者に対しては、紙カルテを用いて対応しているが、予定していた手術の延期などにより退院となるケースも出ているという。

(Security NEXT - 2022/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を