Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google、「Chrome」脆弱性6件を解消 - 「MS Edge」もアップデート

Googleは、現地時間10月11日に「Windows」「macOS」「Linux」向けにブラウザの最新版となる「Chrome 106.0.5249.119」をリリースした。「Microsoft Edge」も更新版が提供されている。

今回のアップデートでは、6件の脆弱性を解消した。重要度がもっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

今回修正された脆弱性は、6件いずれも重要度が2番目に高い「高(High)」とレーティングされており、「CVE-2022-3445」をはじめ「Use After Free」の脆弱性3件を修正した。

さらに「WebSQL」におけるヒープバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2022-3446」のほか、「カスタムTab」における実装の不備などに対処している。

また「Chromium 106.0.5249.119」のリリースにともない、マイクロソフトでは現地時間同月14日に同バージョンをベースとしたブラウザの最新版「Microsoft Edge 106.0.1370.47」をリリースした。

今回のアップデートで修正された脆弱性は以下のとおり。ただし、パーミッションAPIにおける「Use After Free」の脆弱性「CVE-2022-3448」の修正に関しては「Chrome」でのみ実施されており、「Microsoft Edge 106.0.1370.47」には含まれていない。

CVE-2022-3445
CVE-2022-3446
CVE-2022-3447
CVE-2022-3448
CVE-2022-3449
CVE-2022-3450

お詫びと訂正:本記事初出時において「Chrome」の記載に誤りがありました。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

 

(Security NEXT - 2022/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開