Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題

国内の専門家も負けていない。VMware Threat Analysis Unitにおいてシニア・スレット・リサーチャーを務める春山敬宏氏は、APTに利用されたマルウェアを研究し、その成果をまとめた。中国政府の支援を受けているともされる「Winnti 4.0」「ShadowPad」を解析し、プロトコルをエミュレートすることでコマンド&コントロールサーバを追跡するというなんともディープな内容だ。

今後利用が拡大する「5Gネットワーク」をテーマとして取り上げたのは、ドイツより来日するKarsten Nohl氏。同氏はBlack Hat 2014で「BadUSB」を発表した人物でもある。モバイルネットワークにおけるセキュリティ研究でも多くの業績を上げており、今回は通信事業者における調査結果などに基づき、浮かび上がった課題について語る。

Log4Shellをはじめ、近年オープンソースのソフトウェアに起因する脆弱性が深刻となっており、「ソフトウェア部品表(SBOM)」などホットなトピックとなっているが、同分野において問題の解決を目指すJonathan Leitschuh氏の講演も予定されている。

ソースリポジトリ上で開発されている数多あるオープンソースのプロジェクトにおいて、網羅的に脆弱性を特定し、いかに開発者の負担を小さくしつつ、修正にこぎつけるか。同氏の取り組みについて語る。

同氏の活動は「Dan Kaminsky攻撃」で有名な技術者である故Dan Kaminsky氏の基金「Dan Kaminsky Fellowship」において最初に助成を受けるなど、世界的にも注目度が高い試みだ。

(Security NEXT - 2022/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
先週注目された記事(2024年4月7日〜2024年4月13日)
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学校で個人情報含む入学関係書類を誤廃棄 - 横須賀市
人材育成プログラム「SecHack365」が応募受付をまもなく開始
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用