Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題

国内はもとより、世界からセキュリティ関係者が集う国内発のセキュリティカンファレンス「CODE BLUE 2022」が10月27日、28日に開催される。今回で10回目を迎えた。

タイムテーブルが発表され、各講演のトピックも明らかにされているが、今回は「CODE BLUE」の発起人である篠田佳奈氏に行った本誌単独インタビューなどの取材をもとに、バラエティあふれる講演のなかから、特に注目したい講演について紹介したい。

カンファレンスのCFP応募は82件。新型コロナの影響でここ数年、セキュリティカンファレンス全般において軒並み投稿が減少気味だというが、心配は御無用。「冷やかし」とも言える投稿が減り、社会的にインパクトが大きく、高いクオリティの投稿が集まったとレビューボードは口をそろえる。

レビューボードによる評価が高かった講演として最初に名前が挙がったのは、Orange Tsai氏による講演「キャッシュで踊ろう ― Microsoft IIS ハッシュテーブルへの攻撃」だ。

同氏は「Microsoft Exchange Server」の脆弱性「ProxyShell」「ProxyLogon」などを発見し、前回のCODE BLUEにも登壇しているが、今回は「IIS(Internet Information Services)」に注目した。

レビューボードの鵜飼裕司氏も、成熟したと考えられているトピックにおいても今なお脆弱性が見つかるなど、あらたな気づきを与える内容と述べており、レビューボード全体より高い評価を得たという。Orange Tsai氏は同時期にDEFCONなどへも応募しており、採択されている。

(Security NEXT - 2022/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開