Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米政府、中国関与のサイバー攻撃者が悪用する脆弱性のリストを公開 - 国内製品も

米政府は、中国より支援を受けたサイバー攻撃者によって近年頻繁に悪用されている脆弱性のリストを公開した。リストには国内ベンダーの名前もピックアップされている。

米国家安全保障局(NSA)、米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)、米連邦捜査局(FBI)が共同でアドバイザリを公開したもの。

中国より支援を受けたとされるサイバー攻撃者が、2020年以降にネットワークの侵害、知的財産の窃取などに用いた使用頻度の高い既知の脆弱性20件をリストとして公開したもので、米国内の行政機関や重要インフラ、企業などへ対策を講じるよう呼びかけた。

「Apache Log4j」に明らかとなった別名「Log4Shell」としても知られる「CVE-2021-44228」をはじめ、「Pulse Connect Secure」の「CVE-2019-11510」、「Citrix ADC」の「CVE-2019-19781」など20件を具体的に挙げている。

2022年に入って明らかとなった脆弱性も3件「CVE-2022-26134」「CVE-2022-1388」「CVE-2022-24112」含まれるが、他脆弱性はいずれも2021年以前に明らかとなった脆弱性となっている。

(Security NEXT - 2022/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を
ビデオ会議「Zoom」のクライアントやインストーラに脆弱性
「Trend Micro Apex One」に複数脆弱性 - 修正パッチが公開