Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

APIゲートウェイ「Apache APISIX」に深刻な脆弱性

オープンソースのAPIゲートウェイ「Apache APISIX」に深刻な脆弱性が明らかとなった。

プラグイン「batch-requests」において、APIのグループの「Admin API」のIPアドレスによる制限をバイパスすることが可能となる脆弱性「CVE-2022-24112」が明らかとなったもの。

デフォルトのAPIキーを使用している場合、リモートよりコードを実行されるおそれがある。APIキーを変更している場合はリスクは下がるものの、引き続きバイパスされる状況に変わりはないとしている。

また「batch-requests」プラグインでは、脆弱性の影響でリモートよりアクセスするIPアドレスで上書きする設定についても、バイパスされる可能性がある。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」における共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

開発チームでは、脆弱性を修正した「同2.12.1」「同2.10.4」を公開するとともに、緩和策としてプラグイン「batch-requests」の無効化をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2022/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Gitlab」に「SSRF」の脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
会議室用ウェブカメラに脆弱性、詳細も公開 - 米政府は悪用脆弱性リストに追加
「RealPlayer」に複数の深刻な脆弱性
「Citrix ADM」に管理者アカウントがリセットされる脆弱性
intel製プロセッサに複数脆弱性、アップデートをリリース - MSやVMwareも対応
「PlayMemories Home」に脆弱性の指摘 - 調査したソニーは存在を否定
オンライン会議「Zoom」に複数の脆弱性 - 主催者許可なく参加可能に