Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

F5製「BIG-IP」脆弱性、悪用容易 - 侵害有無の確認を

F5の「BIG-IP」に脆弱性「CVE-2022-1388」が判明し、悪用されていることを受け、あらためて米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)と米MS-ISACは注意を喚起した。アップデートの適用までに時間を要した場合は、侵害されていないか確認するよう求めている。

「CVE-2022-1388」は、「iControl REST」において認証のバイパスが可能となる脆弱性。「BIG-IP 16.x」および以前のバージョンが影響を受ける。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは「9.8」、重要度はもっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

F5では、現地時間5月4日にアドバイザリを公表するとともに、パッチをリリース。その後、脆弱性の実証コードが公開された。脆弱性を探索する動きはもちろん、悪用する動きも観測されている

こうした状況を受け、CISAでは5月11日に米連邦政府や行政機関に対して拘束力を持ち、2週間以内の対応が必要となる「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」にも同脆弱性を追加した。

当初より注意喚起が行われてきたが、CISAとMS-ISACでは、あらためてアドバイザリを共同で公開。エクスプロイトの公開によって、技術力がない攻撃者であっても、脆弱性を容易に悪用できる状態にあるとして警鐘を鳴らした。

(Security NEXT - 2022/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート