Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Atlassian Confluence」のアップデートが公開 - すでに悪用済み、要対応

Atlassianが提供する「Atlassian Confluence Server」「同Data Center」に深刻な脆弱性が存在し、ゼロデイ攻撃も確認されている問題で、同社はアップデートを緊急リリースした。

リモートより認証なしにコードが実行可能となる「OGNLインジェクション」の脆弱性「CVE-2022-26134」が明らかとなったもの。すでに悪用が確認されている。

同社は現地時間6月2日にセキュリティアドバイザリを公開。アップデートの準備を進めていることを明らかにするとともに、緩和策などをアナウンスしていた。

同脆弱性は、「Atlassian Confluence Server」「同Data Center」において、「同1.3.0」以降に存在。サポート中であるすべてのバージョンが影響を受ける。

同社は脆弱性を修正した「同7.18.1」「同7.17.4」「同7.16.4」「同7.15.2」「同7.14.3」「同7.13.7」「同7.4.17」をリリースし、利用者へ最新のLTS(ロングタームサポート)版にアップデートするよう求めた。

(Security NEXT - 2022/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート