Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス

デジタル庁が運用する行政サービスの共通認証サービス「GビズID」のメールサーバより、意図しないメール約1万3000件が送信されたことがわかった。アカウントに対する不正アクセスが原因だという。

同庁によれば、9月24日に業務委託先が管理する同サービスのメールサーバに対して海外を発信元とする不正アクセスがあり、16時半から異常を検知して遮断した17時にかけて約1万3000件の迷惑メールが送信されたもの。

調査を行ったが、攻撃者によってメールのログが消去されており、送信されたメールの具体的な内容は不明。メールの宛先は「GビズID」のアカウントとは無関係のランダムなメールアドレスだったという。

原因は、「GビズID」で利用するメールアカウント1件に対する不正アクセスだった。アカウントが侵害された具体的な要因について同庁はコメントを避けている。

オープンリレーを含め、メールサーバの脆弱性については否定。個人情報の流出は確認されていないとしている。

不正アクセスを受けた時間帯に、同サービスのドメイン「gbiz-id.go.jp」を発信元とする正規メールの発信は行っておらず、同時間帯に同ドメインを発信元としたメールを受信していた場合は開かずに削除するよう同庁では呼びかけている。

「GビズID」では、3月にも関係ない利用者情報を取得できる不具合が確認されていた。

(Security NEXT - 2022/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も