Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政サービスの共通認証「GビズID」で他社個人情報を取得できる不具合

デジタル庁が運用する共通認証サービス「GビズID」において、自社以外の関係ない利用者情報を取得できる不具合が発生した。

同サービスは、ひと組のIDとパスワードでさまざまな行政サービスへログインすることができる事業者向けの共通認証サービス。

同庁によれば、利用者が自社の利用者情報を取得しようとすると、他社の個人情報が取得される状態だった。3月28日15時ごろに利用者が自社の利用者情報を取得しようとした際に不具合へ気がついた。

同様の問題は2件発生しており、1社では231人分、別のもう1社では31人分の関係ない個人情報が取得された。氏名や勤務先住所、電話番号、生年月日、メールアドレスなどが含まれる。

特定条件下で利用者情報の取得機能に不具合が発生していたものと見られる。同庁では利用者情報の取得機能を停止した。

他社の利用者情報を取得した企業に対しては、謝罪したうえで取得した情報の削除を依頼。他社に利用者情報を取得された企業には経緯の説明と謝罪を行った。今後はシステムの不具合に関するチェック体制を強化するとしている。

(Security NEXT - 2022/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
2要素認証の除外アカウントに大量の不正ログイン - 熊本県立大
東海国立大学機構がランサム被害 - ログに総当り攻撃の痕跡
GitHub上のソースコードへアクセスできる認証キーを誤公開 - UUUM
住基システムの個人情報を漏洩、職員が逮捕 - 杉並区
従業員の顔画像含む認証機器が所在不明 - システム開発会社
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
非公開の個人情報を閲覧できるURLを別人に誤送信 - 東京都
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる