Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも

LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」に投稿されたURLに対するプレビュー機能が正しく動作していなかったことを明らかにした。限定公開のURLが第三者に漏洩した可能性もあるとして注意を呼びかけている。

同社によれば、9月6日0時半ごろから7日12時半ごろにかけて、同アプリのトークなどへユーザーやLINE公式アカウントより投稿されたURLに対し、一部誤った内容のプレビュー表示を行っていたもの。

プレビュー機能を提供するサーバにおいてエラーが発生し、異なるユーザーの投稿に対するプレビュー情報を出力していた。メモリ不足により異常終了した際の処理が正しく行われていなかったという。

影響を受けた正確な規模はわかっておらず、プレビュー出力の約0.5%から0.6%が影響を受け、出力回数は約360万回にのぼると同社では推定している。

プレビュー表示が行われるURLは、同社サーバよりアクセス可能なものに限定されるが、プレビューより参照先ページのタイトルや概要、サムネイル画像などが確認できた。

またYouTubeやLINE LIVE、一部サービスなど、特定の状況下において、参照先のURLについても確認可能だった。

(Security NEXT - 2022/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市
個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 国交省
約29万人に振込不能メールを誤送信、アクセスが集中 - 北國銀
「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性
「Apache Fineract」にパストラバーサルの脆弱性
利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金