Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

茨城県産業技術イノベーションセンターでサイト改ざん - 不審な英文

茨城県は、産業技術イノベーションセンターのウェブサイトが不正アクセスを受け、改ざんされたことを明らかにした。原因や影響について調べている。

同県によれば、9月9日8時半ごろ、同センターウェブサイトのトップページにある新着情報の部分が改ざんされていることに職員が気がついたという。

普段は同部分について職員が更新を行っているが、第三者によって英文が書き込まれていた。

同センターでは同日、ウェブサイトを閲覧できないようサーバを停止。情報流出や閲覧者への影響なども含め、外部事業者が改ざんされた原因について調査を行っている。

同サイトに関しては、原因調査を終え、安全を確認してから再開する方針。復旧時期は未定となっている。

(Security NEXT - 2022/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も