Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco SWA」に脆弱性、順次アップデートを公開

Cisco Systemsは、「Cisco Secure Web Appliance」に権限昇格が可能となるコマンドインジェクションの脆弱性が明らかになったとしてアップデートをリリースした。

従来「Cisco Web Security Appliance(WSA)」として提供していた「Cisco Secure Web Appliance」に搭載されている「Cisco AsyncOS」に権限昇格の脆弱性「CVE-2022-20871」が明らかとなったもの。

ウェブ管理インタフェースにおいて入力内容の検証に不備があり、認証後に細工したパケットを送信することでOSで任意のコマンドを実行し、root権限を取得することが可能になるという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「6.3」、脆弱性の重要度は4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングしている。悪用は確認されていない。

同社は「Cisco AsyncOS 14.5.0-537」をリリース。「同14.0」系のアップデートは8月、「同12.5」系のアップデートは9月にリリースする予定だという。

(Security NEXT - 2022/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター
サイバー攻撃で社内システムに障害、影響や原因など調査 - システム開発会社
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消