Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害

複数の自治体が導入しているクラウドシステムにおいて一時障害が発生した。インターネットへのアクセスやメールを利用できない状況になったという。

同システムを提供するSBテクノロジーによれば、8月8日4時27分より同日14時半ごろにかけて「自治体情報セキュリティクラウド」にて障害が発生し、インターネットへのアクセスやメールの送受信などを一時利用できない状況と陥ったもの。

システムを利用する岩手県、宮城県、秋田県、青森県、福島県、新潟県、栃木県、長崎県、佐賀県の9県や各県内自治体の職員約19万人が影響を受けた。

同社は、ネットワークを構成する通信機器や仮想基盤での障害を原因としており、サイバー攻撃を否定している。

同社が提供する「自治体情報セキュリティクラウド」では、メンテナンス時の設定不備により、迷惑メールを送信するための踏み台として悪用される事故が3月にも発生している。

(Security NEXT - 2022/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
統計調査員が調査名簿を一時紛失 - 京田辺市
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る