Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処

「iControl REST」に関しては、ログアウト後もトークンが破棄されず、一定時間有効のままとなる「CVE-2022-35728」も明らかとなった。リモートの第三者によって悪用されるおそれがある。CVSS基本値は「8.1」で、「BIG-IP」「BIG-IQ」 に影響がある。

同社は利用者に対して、アドバイザリをもとに影響を確認し、対策を講じるよう求めている。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-30535
CVE-2022-31473
CVE-2022-32455
CVE-2022-33203
CVE-2022-33947
CVE-2022-33962
CVE-2022-33968
CVE-2022-34651
CVE-2022-34655
CVE-2022-34844
CVE-2022-34851
CVE-2022-34862
CVE-2022-34865
CVE-2022-35236
CVE-2022-35240
CVE-2022-35241
CVE-2022-35243
CVE-2022-35245
CVE-2022-35272
CVE-2022-35728
CVE-2022-35735

(Security NEXT - 2022/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし