Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処

F5は、8月のセキュリティアップデートをリリースし、あわせて21件の脆弱性を修正した。

脆弱性によって対象製品は異なるが、今回のアップデートでは「BIG-IP」や「BIG-IQ」「NGINX」の管理製品など、あわせて21件の脆弱性を修正した。4段階の重要度においてもっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされる脆弱性は含まれていない。

重要度が2番目に高い「高(High)」とされる脆弱性12件に対処したほか、「中(Medium)」の脆弱性8件、「低(Low)」1件を解消している。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを見ると、12件が7以上と評価されている。

今回明らかとなった脆弱性においてもっともスコアが高かったのは、「BIG-IP」の「iControl REST」に明らかとなった「CVE-2022-35243」。「8.7」と評価されている。

管理者を割り当てられたユーザーが非公開の「iControl REST」を用いてアプライアンスモードの制限を回避することが可能となる。ただし、データプレーンが露出することはないとしている。

(Security NEXT - 2022/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
「JSAC2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少