Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処

F5は、8月のセキュリティアップデートをリリースし、あわせて21件の脆弱性を修正した。

脆弱性によって対象製品は異なるが、今回のアップデートでは「BIG-IP」や「BIG-IQ」「NGINX」の管理製品など、あわせて21件の脆弱性を修正した。4段階の重要度においてもっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされる脆弱性は含まれていない。

重要度が2番目に高い「高(High)」とされる脆弱性12件に対処したほか、「中(Medium)」の脆弱性8件、「低(Low)」1件を解消している。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを見ると、12件が7以上と評価されている。

今回明らかとなった脆弱性においてもっともスコアが高かったのは、「BIG-IP」の「iControl REST」に明らかとなった「CVE-2022-35243」。「8.7」と評価されている。

管理者を割り当てられたユーザーが非公開の「iControl REST」を用いてアプライアンスモードの制限を回避することが可能となる。ただし、データプレーンが露出することはないとしている。

(Security NEXT - 2022/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
QNAP製NAS狙うランサムウェアの被害が拡大傾向 - 利用者は注意を
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害