Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談

2022年第2四半期に情報処理推進機構(IPA)が設置する窓口へ寄せられたセキュリティに関する相談は2026件だった。マルウェア「Emotet」に関する相談は減少したが、引き続き200件を超える相談が寄せられている。

同機構によれば、同四半期に対応したセキュリティに関する相談は2026件。前四半期の2716件から約25.4%減少するも、2000件を超える高い水準となっている。

マルウェア「Emotet」に関する相談は216件。急増した前四半期の656件から約67.1%減となるが、年間を通じて24件だった2021年と比較すると依然として多くの相談が寄せられている。

外部に流出した「ID」や「パスワード」などを用いて第三者が本人になりすまし、「SNS」や「オンラインショッピングサイト」「クラウドサービス」などへアクセスするいわゆる「不正ログイン」の相談は45件。前四半期の81件から減少している。

マルウェアに感染していないにもかかわらず、「偽アラート」で不安を煽って製品やサービスなどの購入を迫る「マルウェア検出の偽警告」に関する相談は435件。前四半期の625件から約30.4%減となった。

(Security NEXT - 2022/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防衛省、人材発掘を目的としたCTFコンテストを実施
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
個人情報含むファイルのダウンロードURLを誤って送信 - 東京都北区
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
東大関係者を装った迷惑メールに注意 - 学外から実在しないメアドで
福祉センターで生活保護受給者の個人情報を誤送付 - 栃木県