Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧

KDDIの携帯電話サービスにおいて、7月2日未明1時半ごろより通信障害が発生していたが、同社は音声通話、データ通信のいずれも7月4日15時前にほぼ回復したとの見方を示した。現在も検証を行っており、本格的な再開については別途アナウンスする方針。

今回の障害は、同社が提供する「au」や「UQ mobile」「povo」などの携帯電話をはじめ、同社回線を利用するMVNO、ホームプラスなどで利用しずらい状況が発生。同社携帯電話とのショートメッセージサービス(SMS)の送受信などにも影響が出た。

対象となったのは、全国で最大約3915万回線。内訳を見ると携帯電話が法人個人あわせて最大約3580万回線、MVNOが最大約140万回線、ホームプラス最大約45万回線にくわえ、物流、自動車、気象、銀行、交通などIoT機器で利用する最大約150万回線などが影響を受けた。

同社によると、定期メンテナンスでルータを交換し、VoLTE交換機に対するトラフィックのルートを変更。その後、一部音声通信が15分間不通となったため、従来ルートへ切り戻しを実施したところ、VoLTE交換機へのアクセス集中が発生し、アクセス障害に陥った。

(Security NEXT - 2022/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省