Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧

同社では、VoLTE交換機や参照する加入者データベースの負荷低減、両者で生じたデータの齟齬について修正作業を進め、7月3日11時ごろ西日本エリアにおける復旧作業を終了、東日本エリアについても同日17時半ごろ作業を終えた。

しかし障害は継続。データ通信に関しては翌4日朝7時までにおおむね回復するも、音声通話については影響が残り、流量制御を行ったことからも利用しづらい状況が続いた。

同社では、過剰な通信を発生させていた交換機6台を排除し、徐々に流量制御を緩和。15時51分ごろ、ほぼ従来と同様の状況に落ち着いたとして流量制限を解除し、サービスがほぼ復旧したとの見方を示した。ただし、ネットワークについて検証を実施している段階としており、本格的な再開については7月5日夕方を目指している。

(Security NEXT - 2022/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
統計調査員が調査名簿を一時紛失 - 京田辺市
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る