Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省

総務省は、「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」のパブリックコメント案を公開し、意見の募集を開始した。

2017年より開催している「サイバーセキュリティタスクフォース」での検討結果を踏まえてパブリックコメント案を決定したもの。

2021年7月に「ICTサイバーセキュリティ総合対策2021」を取りまとめたが、サイバー攻撃が複雑かつ巧妙となっており、脆弱性などの動向も踏まえて課題を整理。今後の取り組みについて取りまとめた。

具体的には、電気通信事業者によるサイバー攻撃対策の推進、IoTにおけるサイバーセキュリティの確保、情報通信分野におけるサプライチェーンリスクの対策確保、情報通信研究機構(NICT)の「CYNEX」における産学官コミュニティの形成のほか、人材育成や研究開発の推進、国際連携、普及啓発などの施策などを盛り込んだ。

意見募集は、6月17日から7月16日まで実施し、電子政府の総合窓口の「e-Gov」をはじめ、メール、郵送、ファックスで受け付ける。詳細は同省のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2022/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」に緊急アップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「読売新聞オンライン」に不正アクセス - 同社経由のアカウント情報流出は否定
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
約800自治体が採用する電子申請のヘルプデスクがEmotet感染
KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
研修支援サービスで外部より個人情報へアクセス可能に - リスモン
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小