Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響

ワイシャツを販売する「東京シャツ公式オーダーサイト」が不正アクセスを受けたことがわかった。クレジットカード情報や個人情報が流出し、不正に利用された可能性がある。

同サイトを運営する東京シャツによれば、システムの脆弱性を突く不正アクセスにより、ウェブアプリケーションを改ざんされたもの。同サイトを利用した顧客にくわえて、店舗で注文した顧客の個人情報も窃取されたおそれがある。

具体的には、2019年4月2日から2022年3月8日にかけて同サイトでクレジットカードを入力した顧客991人に関する1114件が流出した可能性がある。

クレジットカードに関する名義、番号、有効期限、セキュリティコードにくわえて、氏名や住所、電話番号、性別、メールアドレス、IPアドレスなどを窃取され、クレジットカードについては不正に利用されたおそれもあるという。

また2019年4月2日から同年5月26日までに会員登録しつつも、クレジットカードによる決済を利用していない顧客33人に関する氏名、住所、電話番号、性別、メールアドレスなども対象としている。

(Security NEXT - 2022/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
結婚支援事業で会員個人情報を別人に誤送信 - 香川県
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か
「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
小学校で児童の画像含むカメラなどを紛失 - 横須賀市
日経BPの医療関係者向けサイトに不正アクセス - ギフトコードの不正読み取りも
尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」