Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ向け主要プロセッサのAppleロスレス処理に脆弱性 - 2021年12月に修正

ALACコーデックはAppleが開発し、2004年にリリース。2011年にオープンソースとしてデコーダが公開されたことから、広く利用が広まった。

Appleでは独自にデコーダをアップデートし、脆弱性への対応を行ってきたが、オープンソースのコードは2011年以降、メンテナンスが行われておらず、実装する各メーカーもそのまま利用している可能性が高いという。

脆弱性の判明を受けてQualcommでは「CVE-2021-30351」として2021年12月に修正を実施した。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」における同脆弱性のベーススコアは「9.1」と評価されている。

MediaTekにおいても、権限昇格の脆弱性「CVE-2021-0675」や、情報漏洩の脆弱性「CVE-2021-0674」として対処した。米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」におけるCVSS基本値はそれぞれ「7.8」「5.5」と評価されている。

(Security NEXT - 2022/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校で児童の画像含むカメラなどを紛失 - 横須賀市
日経BPの医療関係者向けサイトに不正アクセス - ギフトコードの不正読み取りも
尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 広島県信用組合
グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
公開議事録の個人情報、墨塗りするも確認できる状態 - 東京都