Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市の公開資料にコロナ患者管理システムのパスワード - 2段階認証の盲点も

大阪市の情報公開資料に、「新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理システム(HER-SYS)」の認証情報がそのまま記載されていたことがわかった。同システムには2段階認証が設定されているが、第三者のアクセスに対しても認証してしまった可能性があるという。

同市によれば、情報公開請求に対して同市保健所より情報提供を行った資料に、本来非公開とすべき同システムの「ID」と「パスワード」が、マスキング処理されずに、そのまま記載されていたことが判明したもの。

同システムには、大阪市保健所が管理する新型コロナウイルス感染症患者の氏名、生年月日、性別、症状などの疫学調査情報が記録されている。

4月20日に請求者に対して資料を送付したところ、非公開にすべき情報が記載されているとの指摘があり、問題が発覚。

同様のケースがないか調べたところ、3月24日や4月20日に情報公開請求を行った6人に対しても、マスキングすることなく資料を提供していたことが明らかとなった。

(Security NEXT - 2022/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事務局務める連絡会でメールを誤送信 - 消費者庁
クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
氏名で検索、別人にワクチン接種券を誤送付 - 茅ヶ崎市
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
電柱敷地所有者の個人情報含む帳票が所在不明 - 中電ネット
信用情報を誤登録、与信判断に影響した可能性 - PayPayカード